So-net無料ブログ作成

相撲に外国人枠制限があるって知らなかった [テレビ]

白鳳が「相撲の外国人力士枠の制限をなくしたい」
と発言したニュースを観たんですが
相撲で外国人は一部屋に1人だという決まりがあったことを知りませんでした。

だって、モンゴル出身の力士って活躍してますよね?


相撲部屋は現在44部屋あると聞いているんですが
そうなると外国人力士は最高で44人と言うこと?


モンゴル人の日馬富士がいるのは伊勢ヶ浜部屋で
そこには同じくモンゴル人の照ノ富士がいますよね?



なぜ白鳳がそういう発言をしたかというと
モンゴル出身でかなり強力な力士になれそうな子がいて
三段目くらいの力はあるのに外国人枠制限があるために
入れる部屋がないと言うことが起ってるんです。


現在幕内力士のうち半数近くが外国人力士でしめていて
外国人力士の人数制限を決まり事に入れたらしいんですよ。


理由は外国人力士が“強くなりすぎた”から。


どうでしょう、この理由。

すごいな~。


実際外国人、特にモンゴル出身者の活躍が目立って
日本人は目立たない状況になっています。

だけど、外国人が強いから排除していこうというのは
戦いに望むスポーツの精神に反してそう。

国技だから日本人に活躍してほしい。

その気持ちは強いです。

だけど、チョット方向が違う気がするんですよね。



外国人の人数制限をするのに最初は1部屋に二名まで。

それが1部屋に一名となり
今は「外国出身力士」となっているんですよ。

外国に生まれ住んでた日本人が対象に加わったってことですね。

なんだか自分たちの都合に合わせてるような…。


だから白鳳が外国人枠制限をなくしたいと思ってるんですね。


こういう決まりが出来る前に入っていた外国人力士は
そのままで良かったので
伊勢ヶ浜部屋のように外国人が二人いたりするんですね。


門戸を開いている以上
外国人制限枠があるのはいい方法だとは思わないんですが。


今回稀勢の里が横綱に昇進。

相撲をしたいという日本人が増えて
正々堂々と力で、外国人とか日本人とかの境なしに
相撲が盛り上がるようになるといいですね。



nice!(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。